​スタンドアロンプログラム

license1.png
license3.png

解析ソフトをインストールしたコンピュータのUSBポートにドングルキーを挿入するとソフトが起動

スタンドアロンプログラムでは、コンピュータにインストールされた解析ソフトウェアはUSBポートにドングルキーを挿入することで起動でき、挿入されている間使用できます。最初に解析ソフトウェアをインストールしたコンピュータが故障した場合、他のコンピュータに解析ソフトウェアを改めてインストールし同じドングルキーを使って使用できます。(お使いのソフトのバージョンが移行先のOSのバージョンに対応していることを確認してください。)

ネットワークプログラム

license2.png
license3.png

ライセンスサーバーに接続されたクライアントでソフトを起動(同時起動できる台数は購入したユーザー数によります)

ネットワークプログラムでは、クライアントでの解析ソフトウェアの起動を管理するSoftGeneticsライセンスサーバーソフトウェアをライセンス管理用コンピュータにインストールする必要があります。またライセンスサーバーソフトウェア自体のライセンス認証が必要です(コンピュータ固定ライセンス)。ライセンス管理用コンピュータに接続されているクライアントにインストールされた解析ソフトウェアは、ライセンスサーバーのライセンスを借りて起動するイメージです。従ってライセンスサーバーが動作しなくなった場合、クライアントの解析ソフトウェアも起動できなくなります。

 
 

アップグレード・テクニカルサポート契約について

提供される内容・・・無償アップグレードとEメールと電話によるテクニカルサポート


買取ライセンスの場合、スタンドアロン・ネットワークプログラムとも、新規購入後1年間はアップグレードとEメールと電話によるテクニカルサポートが無償で受けられます。購入後2年目以降は解析ソフトウェア(ネットワークプログラムの場合はライセンス管理用ソフトウェア)は同じバージョンのまま動き続けますが、アップグレードとテクニカルサポートは受けられなくなります。2年目以降は、有償のアップグレード・テクニカルサポート契約を更新した場合のみアップグレードとテクニカルサポートが受けられます。固定ライセンスのコンピュータ移行はアップグレード・テクニカルサポート契約中のみ可能です

license4.png

アップグレード・テクニカルサポート契約料金について

アップグレード・テクニカルサポート契約料金は、製品によって設定されている1年単位の料金を元に、前回のアップグレード・テクニカルサポート契約期間終了日から経過した期間に基いて算出されます。

例)Mutation Surveyor 48トレースデータ対応版 スタンドアロン1ユーザー
  単年アップグレード・テクニカルサポート契約料金・・・12万円(税別)/年

ケース1)

2018年7月1日に新規購入し購入してから1年後の2019年7月にアップグレード・テクニカルサポート契約を更新せずに2020年10月までアップグレード・テクニカルサポート未契約のままソフトウェアを使用、翌2020年11月に再契約する場合
⇒前回のアップグレード・テクニカルサポート契約終了日(2019年6月30日)から2021年6月30日までの2年分で24万円(税別)(12万円/年×2年)になります。再契約後の契約終了日は2021年6月30日です。